おーいみんな、なかよくやろうよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「これは重症ですね」

<<   作成日時 : 2011/10/13 12:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2方向から撮った私の顔面のレントゲン写真を見て医師が言った。

医師:これはひどいですね。ほら、顔面全体が白いでしょう。すべての副鼻腔に膿が溜まっているんですよ。
痛かったでしょう。

*私には「これは重症ですね」と言われたのと同じだった。でもそれで良かった。用心して治療を続けようと思ったからである。

私:はい、両瞼とも開けられないほど痛いでした。

医師:今日は鼻腔洗浄と吸入をしましょう。それと熱が高いので血液検査と、抗生物質入りの点滴をしましょう。

私:はい、よろしくお願いします。

*連休明けの火曜日だったためか患者さんが多く、さらに点滴に時間がかかって、家を出てから帰り着くまで3じかんほどかかった。

医師:明日も来てください。洗浄と吸入と点滴をしますので。

*それから、3日目たった。今日も38℃を超える高熱だ。診察してくださった医師から、まだまだですね。2週間ほどかかるかもしれないですねと言われ、本当に今回はひどかったんだなと実感した。
実は、10数年前までは毎年のように秋の気温変化についていけず、体調を崩しては蓄膿症を繰り返していたのだ。本当に久しぶりに同じ症状が出て、どこの病院にもいかず、今回は真っ先に耳鼻咽喉科を受診したのだった。
ところで、毎回鼻腔洗浄してくださる先生に尋ねた。

私:これ、ぜんぜん鼻が痛くないですね。自分で塩水を作って洗浄したことがあるのですが、ツーンとした痛みが走って、それ以来民間療法はしていないのですが。

医師:あ、それはね、2つある。体温と同じ温度に温めることと、塩素が入っている水道水をそのまま使ってはいけないということです。

*いい勉強になった。
今回のことで気づいたことがある。病気の中にあるときだけ、健康のありがたさを実感するということだ。
これからしばらくして、再び健康になったら、健康に慣れてしまって健康のありがたさを強くは実感しないようになってしまうんだろうなあ。
ということは、人間てもともとが高慢なんだな。健康のありがたさを、常々感謝しなければならないんだなあ。


「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。」(詩編119:71)


創造者であられ、生かし主(ぬし)であられる神に、心より感謝いたします。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「これは重症ですね」 おーいみんな、なかよくやろうよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる