おーいみんな、なかよくやろうよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 突然の下腹部の激痛と血便(2)

<<   作成日時 : 2012/05/15 14:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

翌日の金曜日の午後、病院に電話を入れ、
激しい腹痛と下血について報告し、
食事で気を付けるべきことについて指示を仰いだ。

すると先生から2つの病名を知らされた。
@虚血性大腸炎と、A大腸憩室炎である。

この中で、@をネットで調べると、血栓が腸の毛細血管に詰まり、大腸の粘膜がただれて潰瘍が生じさせ、激しい腹痛や下痢、血便が起こると書いてあった。

続いてAは、大腸内にできた憩室に便がつまって炎症を起こし、腹痛や下血の症状が出るらしい。まれに大出血しショック状態になることがあるので要注意。
ところで憩室とは大腸の壁の一部が外へ袋状に飛び出すもので、多い人では上向結腸に数10個発見されることがあるらしい。私自身も7年前に、内視鏡検査をしていただいた時、憩室がありますよと、言われたことがあった。

どちらにしても、私の場合は鮮血だったので、肛門近くの病変と思われる。
@かAの診断は今の時点ではつけにくいが、ひどい腹痛であれば@が疑われるとのこと、さらに激痛が続くようだったら、土曜日でも、日曜日でも来院してくださいと言われた。ちょうど、次の日曜日が日曜当番医となっているらしい。


食事については、野菜などの繊維物を取らないように、肉や魚、また刺激性のある食べ物も取らないようにとのこと。ではどういうものを食べていればいいですかと問うと、腹痛がなくなるまでは、お粥と、具の入らない汁物を摂るようにとのことだった。

このことを妻に話すと、炊飯器で柔らかいお粥を焚いてくれて、お粥と味噌を溶かした薄めの汁物と、お茶を、金曜の夕食から毎食続けることになった。

下腹部の痛みは依然と続いていたが、時折り中程度の痛みが出る程度で、感謝なことに次第に和らいでいった。

『あなたのみこころのままを、なさってください。』 (マルコ14:36)





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突然の下腹部の激痛と血便(2) おーいみんな、なかよくやろうよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる